相続放棄の期限は3ヶ月ですが、相続放棄の期限は「被相続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内」なので知ったタイミングは必ずしも亡くなったときとは限りません。

「相続放棄を考えていたけど、被相続人が亡くなって3ヶ月経ってしまった方」はできるだけ早めの手続きが重要です。

急いで司法書士に確認することをおすすめします。

「放棄の期間の伸長」で期限後も手続き可能

相続放棄の期限は3ヶ月です。期限後は手続きを行うことはできません。

しかし、疎遠な親戚が亡くなったことを債権者からの通知で知った場合や、手続きに時間がかかりやむなく3か月を超えてしまうこともあります。

こういったケースでは、3か月経過後も相続放棄の手続きを行うことができる「放棄の期間の伸長」の申立を行うことで相続放棄ができることもあります。

Follow me!